読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会人としての考えを創る就職活動

就職活動は人間性教育と考える就職担当の話

人気度や難易度で決めてはいけない就職試験!!

f:id:naotan200:20170329185730j:plain

公務員受験をする学生に「〇〇と△△の試験日程かぶったんですよ。〇〇と△△だったら〇〇が倍率低いからそっちにしようと思っているのですがどう思います」と聞かれたことがあります。あまりにも違う職種だったため、私は思わず「あなたは公務員になることがゴールなの。普通は公務員になってからがスタートでしょ」と訊いてしまいました。

高校受験・大学受験で受験先を決定するとき、皆さんはどのように受験先を決定しましたか。また、第一志望校はどのように決定しましたか。教育分野や大学の雰囲気、立地条件、進路・進学状況はもちろんのこと、入試の難易度や入試科目から第一志望を決めて、受験校を決定していくというような流れでしょうか。河合塾のサイトには受験校決定のポイントとして下記のように解説していました。

大学受験で大切なことは、目標を見失わないことです。今まで行ってきた受験勉強はすべて、第1志望校に合格するための努力です。できればその努力が最大限に活かせるところを併願校にできるといいですね。入試科目が第1志望校と大きく異なると、併願校の対策に時間を取られ、第1志望校の対策に支障をきたしかねません。併願校には第1志望校の入試科目を利用して受験できる大学・入試方式を検討しましょう。その際、自分の得意科目の配点が高い入試方式がないかあわせて確認しておきましょう。私立大学では、センター試験の成績を利用できる「センター利用方式」や1度の受験で複数の学科に出願できる方式などさまざまな入試制度があります。その中からもっとも自分にあうものを選びましょう。最近では、複数の方式を受験する人や、インターネットを利用して出願(ネット出願)した人を対象に検定料の割引制度を設ける大学があります。志望校でもこうした制度が設けられていれば上手に活用しましょう。科目をそろえて負担は小さく、得意科目の配点は高く、受験料はなるべく抑える。“賢い”受験が第1志望校合格につながります! (河合塾K-net受験校決定のポイント)

この解説を読んで「なるほど」と感心しました。効率よく受験するために受験科目や傾向を分析し、科目はそろえて負担は少なく…スゴイって思います。これって、大学合格が目的になっていますよね。でも、確かにそうです。私自身、高校時代はレベルの高い大学に行って良い人生を送りたいと本気で思ってましたし、そこが目標になっていた時期もあるます。(高校でやんちゃしすぎて、そうはなりませんでしたが…)皆さんも高校受験や大学受験の時、合格が目標になっていませんでしたか。私もそうでしたし、大多数の人がそのような考えだったのではないでしょうか。

本来であれば、効率よく受験するより、入学後の学生生活の充実感が大切ですよね。しかし、同じようなレベルの高校や大学に入れば金太郎あめのように、同じような教育が受けられる。偏差値レベルが高い高校や大学であれば幸せがついてくる。日本の教育がそうなっているように私も感じますから、それはそれで正しいと思います。

日本の教育制度を考えると、100%ではありませんが、同レベルの大学に行けば、どの大学でも同レベルの教育が受けられ、同レベルの将来が選択できる。ある意味平等ですから。これは、大学が同質だからできることで(本当に同質かどうかはわかりませんが)でも、同質でなかったとしたらこの考えは危険です。

しかし、皆さんは体験してみて実際は入学が始まりだったと感じていませんか。そこから、高校生活や大学生活が始まり、合格はその生活への切符でしたよね。同質であればどこの高校や大学に行っても誰もが幸せになれますが同質でなかったとすると、ある人にとっては幸せ、ある人にとっては不幸となってしまいます。

さて、就職試験を考えてみましょう。世の中には色々な組織がありますが、組織は同質ではありません。例えば、同じような業界で同質な組織がいくつかあれば、同質な組織は戦いあい、生き残る組織は一つです。

また、働く組織選びは、人生選びでもあります。(これは高校受験・大学受験も変わりませんが)世間一般が良いという組織が、自分にとって良い組織かどうかは別物です。各組織は異質のものです。その中で、自分にとって幸せな組織はどれなのでしょう。就職活動は組織に合格することが目的ではありません。就職した後に幸せな生活を送り、自分が成長し、誇りを持った人生を送ることが目的です。

目的を見誤らないでください。その中で受験先を選択してください。そうすることで、充実したやりがいのある楽しい人生を勝ち取ることができます。

naotan2002.wixsite.com

「あるべき姿」から将来を考えるなんてきつ過ぎる...

f:id:naotan200:20170328185158j:plain

❖学生からたまに聞かれる「あるべき姿」

学生から将来あるべき人物像について聞かれることがあります。まず、この問いに関しては「わからない」と答えることにしています。そのうえで、私自身が目指す人物像を語ることにしています。

❖私が考える「ありたい姿」

私は就職指導を生業とする教員ですが、元々の専門はマーケティングです。このマーケティングという学問、簡単に言えばこのブログでよく話す「お客様の利益を創り出す。そのことでお客様に喜んで頂き、対価としてお金を支払っていただく」という仕組みを創り出すための学問です。そのために調査し分析し企画し実行するというプロセスを実施していくものです。

また、教員を行う中で学生指導力向上のため、心理学の勉強もしてみました。アドラー系の心理学ですが、どういう考えが人を成長させるのか、またさせられるのかを学んでいます。本を読み、その考え方をもとに行動していくことでもっとスキルを上げていきたいと思っています。

さらに、社会人になってから行った大学院では経営学の勉強をさせていただきました。特に人材マネジメントとリーダーシップの授業は本当にためになりました。今も、色々な論文や本を読み、吸収した知識を実践させていただいています。

マーケティング以外は「専門です」などおこがましくて言えませんが、勉強を続けることで、将来自信をもって専門と胸を張って言えるようになっていきたいと考えています。

さて、この三つの知識は私が学生指導をするときに非常に役に立っていると感じています。マーケティングは学生が受験していく業界や企業を分析するツールとして、また学生個人個人をブランドと見立てそのブランディングに使います。心理学は学生に考え方をレクチャーし議論し、それぞれの学生が仕事に対する持論を創るための補助ツールとして使っていきます。人材マネジメントやリーダーシップ論は私自身の仕事に対する持論形成はもちろん、学生が社会人としての根幹を創り出すための礎になっていると感じています。この三つの知識を融合させて、横断的に講義し議論することで、より深い授業ができると考えています。

❖50歳を過ぎて道半ばな私...

将来の目標はT型人材さらにはΠ型人材となっていくことです。HP「日本の人事部」の人事用語辞典によると

I型人材

特定の領域に特化するスペシャリスト

T型人材

特定の分野を究め、その深い専門知識と経験・スキルの蓄積を自らの軸に据えつつ、さらにそれ以外の多様なジャンルについても幅広い知見を併せ持っている人材のことです。アルファベットのTの文字のタテ棒を専門性、ヨコの棒を視野の広さに見立てて、こう呼びます。

Π型人材

複数の専門分野に精通し、かつ全体の調整もできる人材
となります。

これはあくまでも私の例です。私は新卒の時には専門職志望だったので将来の目標は「スペシャリストでかつジェネラリストになる」でした。面接でも言った覚えがあります。そこから変わらず現在まで仕事をしてきて今の目標も同じです。(今だ達成していないということでもありますが…)

❖私が考えるのをやめた「あるべき姿」

私も昔あるべき姿を考えていたこともありました。「社会人として〇〇のようにあるべきだ」組織人として、夫として、子供を持つ身としてetc.でも、でも、あるべき姿を考えても焦るだけで、あるべき姿になれない自分が情けないという感じでした。仕事上でした大きな挫折から考え方が変わりました。どん底になった時にここからは上がるだけと、今は無理だけど「ありたい姿」を追求しようと考えるようになりました。そこからは楽しいです。「まだまだだけど、色々やることでありたい姿に近づいている」と感じることができるようになりました。(何も変わってないんですけどね...)そんな、人生の方が「あるべき姿」に縛られるより良くないですか???

別に私と同じにT型人材を目指すことを勧めているわけではありません。将来あるべき姿なんて一つではありません。「あるべき姿」より「ありたい姿」是非考えてみませんか。決めるとモチベーションも上がりますよ。

naotan2002.wixsite.com

「何とかなる」は「何ともならない」

f:id:naotan200:20170327185205j:plain

❖新入生に話す内容を考えてみた

もうすぐ新しい学生が入ってきます。その学生のために今日は話をします。学生は三種類のタイプがあります。これからの学生生活、将来の幸せのために、幸せな人生を送るために、知っておいてほしいことがあります。

❖「何とかなる」は「何ともならない」

まず一つ目は「何とかなる」と考え何も行動しない学生です。社会に出て揉まれて経験があって、その経験をベースにした「何とかなる」この言葉には重みがあります。でも、何も経験がない中で「何とかなる」は何ともなりません。

当然の話ですが、行動しない学生はうまくいくはずがありません。経験ある人の「何とかなる」は「何とかする」ですが、経験のない人の「何とかなる」は「誰かがなんとかしてくれる」です。

大人になると、誰かがなんとかしてくれるという事はなくなります。誰かが何とかしてくれるものではなく、誰かが教えてくれるものでもありません。必要な事は、必要な情報や、必要な考え方を取りに行くことです。そのための行動です。教えを請うと結構教えてくれるものですが、そうしなければ誰も皆さんのところまで来て教えようとはしないはずです。それさえできれば、それほど難しいことでは無いのですが、それができなければ誰も助けてくれません。今まで親に保護され、学校に保護されて誰かが何とかしてくれたとは思いますが、大人になるという事はそれがなくなると言うことです。

また、「何とかなる」と考え行動を起こさない人に対して、社会は冷たいです。「できない奴」というレッテルを貼ります。「何とかなるから別にやらなくてもいいさ」は危険です。

❖「何ともならない」は行動を続けると変わる

また、「何ともならない」と考える学生もいます。この学生に対しては「何とかなるよ」と言いたいです。少し行動してみようよ。何かが変わるかもしれない。もし変わらなかったとしても、やったっていう経験があるじゃないですか。その経験が自分のものになるじゃないですか。それであれば行動してみたほうがよくないですか。もしだったら、私たちを使ってください。一緒に少しやってみませんか。

「どうすれば上手くいくか」と考えて、行動にうつせば大抵の場合何とかなるものです。何ともならない問題は、この世にそうあるものではありません。

❖「何とかしたい」は「何とかなる」

さらには、「何とかしたい」と考える学生もいます。あなたの希望は叶うと私は思います。今まで経験のしたことのないことに挑戦して行動する。ぜひ、行動しましょう。一生懸命考えて行動しましょう。これが、あなたの将来の糧になるはずです。

「何とかしたい」と思い「どうすれば上手くいくか」と考える。その先で「行動して」その考えを実行していく。それを繰り返しスパイラルアップしていくことで「何とかなる」ものです。繰り返し行動することを諦めなければ「何ともならない」ことなどありません。だって、諦めない限りまだ道半ばで、少しづつ目的に近づいているのですから「何ともならない」はずがないのです。

「何とかなる」「何とかしたい」「何ともならない」皆さんはどう考えますでしょうか。できることであれば、「何とかしたい」と思って欲しいものです。「何とかしたい」と考え行動すれば道は開けていくと思います。ぜひ、そのような考えで暮らしてみてください。

そうすれば、皆さんの未来は明るいです。

naotan2002.wixsite.com

お金持ちになるために考えるべきこと

 f:id:naotan200:20170326103344j:image

❖給料を沢山もらいたいのだけど

「給料を沢山もらいたいのだけど、金持ちになりたいんだけど、どうすれば良いですか」と言ってくる学生がごくたまにいます。その学生に対しては「自分の責任以上のことをしろ」「責任を300%果たせ」「大事にされて給料も沢山くれるぞ」と返します。

下世話な話になりますが、本当にそうです。例えば、営業で目標の300%の売上をあげたら、次の年には給料を上げてくれるでしょう。もし、給料が上げてもらえなかったらライバル会社に転職しましょう。あなたは引く手あまたです。当然給料も上がります。

「責任と給料は比例する」いつも学生に言っている言葉です。自分が責務を果たすことが、お客様の利益になり、その対価としてお支払い頂く。その支払いが原資となり給料が支払われる。当たり前ですが、これが仕事の仕組みです。

❖ラクに稼ぐはラクじゃない

「もっと、ラクに稼ぐ方法、効率良く稼ぐ方法はないんですか」と聞かれることもありますが、私が教えて欲しいです。さらに、ラクに効率良くと考えている学生がそのまま卒業していくと、青い鳥を探しながら転職を繰り返しどうしようもなくなる場合がほとんどです。大事な学生がそうならない為にも真剣に説明しています。

例えば、アパレル系の販売員は売上の10%を給料とすることが基本と言われていたりします。これを人件費率と言いますが、経営者達は人件費などの経費をこのような経費率で管理しています。年間2500万円の売上を上げる販売員は年間250万円の給料を支払う価値があるということになります。

人件費率10%は販売員全員の平均値になりますから、売上が沢山ある人は企業にとって優秀な人材ということになると考えてください。アパレル系の販売で20代前半で4000万円の売上を上げる人がいるのですが、20代前半なので売上の10%となる400万円の給料を渡す必要はありません。例えば、この方が20万円台の給料で働いてくれたとしたら経営者にとっては大事な人財です。売れない新人までカバーしてくれているのですからこの方は大切にされ、もっと責任のある立場(例えばチーフや店長)にして、給料を上げようかと考えます。また、チーフや店長になった時には、責任はチーム全体の売上になっていきます。

❖単純な仕事の仕組み

経営者の立場で考えてみて下さい。期待以上の効果を出してくれる人財が自分の会社にいたらその人財を手放したくないと考えて、より多くの報酬を与えますよね。また、自分が経営者だったら自分ごととして責務を果たす努力をしますよね。

仕組みは単純なんです。お客様の利益を創り出す。そのことでお客様に喜んで頂き、対価としてお金を支払って頂く。これが、評価につながり給料になります。働き始めたら自分がどれだけお客様に利益を与えることをしているか考えてください。お客様と直接関わらないスタッフ部門に就いたら、直接お客様に貢献している部門の方々にどれだけ利益を与えているかを考えてください。

❖責務・責任を果たす結局そこにたどり着く

そして、責務・責任の何倍ものことをしてください。そうすれば評価もされますし、ステークホルダー(お客様や地域の人々を含めた関係者)全員から感謝されます。給料UPも当然ですが、いつも周りに人がいて、その人達から認められかつ尊敬され、最高の人生が送れますよ。

naotan2002.wixsite.com

リーダーに必要なたった一つのスキル

 f:id:naotan200:20170325211912j:image

❖環境さえあれば、勝手にそうなっていく

前にアメリカの大学で教鞭をとったこともある同僚が言った言葉が心に残っているのですが、今日はそのことをお話ししてみます。

「環境さえあれば、勝手にそうなっていく」

日本は島国で四方を海に囲まれている。陸続きの国境がない日本だからこそグローバル化なんていう話になる。でも、国境が陸続きの国ではグローバル化なんて当たり前で話題にもならない。こんな環境であれば価値観の違う隣人と付き合うのは当たり前。自然にグローバルな人材になる。レストランで食事をするときにオーダーを取りにもこないばかりか、卵やトマトを投げつけられることもある。多種多様な人種が集まる国では人種差別も当たり前で、そこに対抗する強い意思やコミュニケーション能力も身に付く。それを経験した夫婦の間に生まれた子は、小学生でも勝手にパレスチナ問題に興味を持ち「なんで国連がその地区を統治して誰のものでもない状態にできないの」などの疑問を抱く。こんな話をしていました。

最後に言った言葉が「環境さえあれば、勝手にそうなっていく」でした。深い教養を持つこの同僚にいつも敬服している私ですが、この言葉が心に深く突き刺さりました。私が育てている学生たち「環境さえあれば、勝手にそうなっていく」はずです。学生たちは良い環境があれば良く、悪い環境であれば悪く、リトマス試験紙のように染まっていきます。

❖良い環境を創り出していきたい

私たちが良い環境を創ることができれば学生たちは勝手に育っていくものです。良い環境とは何なのか。これが私たち教員に与えられた命題です。学生たちのためにどんな環境を創っていくかは私たちにかかっています。前にお話ししたドラッカーの言葉のようですが、私たち教員の強みがレンガとして積みあがっていて、それが学生に見えていれば、学生はそれを見て勝手にそうなっていくはずです。教職員たちが認め合い、強みを組み合わせる。そんな組織を創っていきたいと感じました。

❖さて、リーダーの役割って?

私達教員は学生にとってある意味リーダーです。リーダーの最も大切な役割を語るときに、学生に対して例としてこのことを話します。リーダーの役割は場を創ること、つまり環境を創ることだと私は考えています。皆が一致団結する場、全員がモチベーション高く動く場、全員で協力しながら成し遂げようとする場、そのような場を作るのがリーダーの仕事だと言うわけです。学校生活の中で何かの長になった学生に対して「自分が動くのではなくみんなが動く、そのためにはどのようにするのが最適か考えなさい」と言うことにしています。皆を信頼する、皆に感謝する、皆に助けを求める、ここから始めてみたらなどと言うこともあります。

環境を創る努力をしてみませんか。リーダーであれば必ずやってほしいことです。さらにはリーダーでなかったとしても、一人ひとりがそう考えれば、そして行動すれば、これが近道だと思いませんか。皆が一つになって良い環境ができれば、全員が「勝手にそうなっていく」場を創ることができます。「それってとても楽しそう」私はそのように思います。

 

naotan2002.wixsite.com


 

どうしても目をかけてしまう学生の特徴

f:id:naotan200:20170324193250j:plain

❖教員の私がえこひいきをしてしまう話

私が年度や期の最初の授業で学生達に話すと決めていることがあります。今日はその話を少しご紹介します。「私はえこひいきをします」最初の授業はここから始まります。当然のことですが、その話をすると最初学生たちは怪訝そうな顔をします。まあ、当たり前です。教員がやってはいけないこと第一位ですから...

そのあとに続けます。私は授業の進度を皆さんの表情やしぐさで決定します。出来るだけ双方向で授業を進め、確認しながら進度を決定していきたいのです。しかし、講義の場合は時間の関係もあって双方向で確認しながら行うことが困難です。つまり、リアクションが大きい学生が、授業の進度を決定するバロメータとなる訳です。リアクションの少ない学生に声をかけて、理解しているかの確認はしますが、それが出来るのはたまにです。でも、皆さんがついてこない授業をするのは嫌です。そのため、大きくうなずいたり、表情を曇らせたり、分かったっという感じで目を見開いたり…そんな学生をどうしても見てしまいます。そして、その表情を確認し、次に進むか、もう少し説明するかを決めていきます。こんなことを話していきます。

❖学生に対する私からのお願い

この話は学生に自分の方向を向かせようと考えて話しているわけではなく本当の話です。というよりも、そのように授業を進めるしかないのです。学生全員から同じように授業料を徴収していることを考えると、すべての学生達に対して同じクオリティの授業を提供しなければいけないとは思います。でも、中々できないのです。

学生達には次のように話していきます。そうなんです。後で授業を振り返ると、そんな表情が豊かな学生のための授業になっているのです。公平に授業がしたい。私はそう思います。でも、できないんです。授業は学生を見まわしながら行っていきます。どうしても、表情豊かな学生のところで目が止まってしまうんです。

この後、授業を進めるにあたり私からのお願いをします。ですから、皆さんにお願いがあります。表情豊かに授業を聞いてください。全員が表情豊かに授業を聞いてくれたら、私にとってパラダイスです。今の状況が手に取るようにわかるんですもの。そうなったら、私は多分、良い授業ができる気がします。こんな感じでしょうか。

❖人生を変えるくらい大事な表情

しつこい私はさらにお願いすることにしています。頼みます!!!表情を豊かにして、えこひいきされてください。さて、このことは授業だけではないと勘の良い皆さんにはわかったのではないかと思います。豊かな表情を続けていれば、就職試験でもえこひいきされるはずです。会社説明会というものがあります。そこで、表情豊かであればみんなが目をかけてくれます。合格しやすくなるということです。それだけではありません。企業に入った後、可愛がられる新人になることができます。表情豊かなことはトクしかないんです。表情だけで楽しい人生が送れますよ!!!。このように話していきます。

授業だけではなく、普段の姿を見ていても、表情が固い学生が多いといつも感じています。仲間同士だとあんなに表情豊かなのに、大人たちの前だと途端に固くなる学生に何とかしたいといつも感じています。ゼミ生などに聞くと本番はきちんとやるから大丈夫です。などというのですが、合同企業説明会などを見学に行った時の学生の表情の暗さに唖然とすることもしばしばです。

❖訓練で変わる表情なのに...

でも、表情の豊かさは訓練でどのようにでもなります。授業でアルバイトで仲間以外の人達と出会う場所こそが訓練のチャンスです。表情の豊かさだけで、その印象だけで2倍いや3倍位魅力的に見えるものです。特にオヤジやオバチャンに対しては効果てきめんです。例えば、私の女子を見る目ですが30代の頃は体型や顔が整っていることが魅力だと思っていました。40代・50代になってみると表情の豊かさが心を表していると感じるようになり、その人の心を表す表情に魅力を感じるようになってきました。

是非、表情を豊かにする訓練をあらゆる場所で行い続けてください。それが、皆さんの幸せを創るはずです。

naotan2002.wixsite.com

利益と社会貢献って相反するものなのだろうか?

f:id:naotan200:20170323190914j:plain

❖公務員の志望理由

「社会貢献ができる仕事をしたいと考えて公務員を志望しました」公務員志望の学生がよく言うことですが、なんでって思ってしまいます。また「利益を追求せずに世の中のことを考える仕事をしたいから公務員」という答えも???って感じです。そのような主張を聞くと「公務員=社会貢献を行う清い仕事」「民間=お金儲けをする汚い仕事」と言っているように聞こえてしまいます。

このように言ってくる学生に「君にとって公務員は社会貢献が目的で利益を追求していないの?」と聞くと「その通り」と答えてくれます。「企業が企業の利益を考えて事業を展開するのと同じように、国は国の利益を考えて施策を行い、市は市の利益を考えて施策を行うのではない?」と聞くと「少なくとも金儲けをしようとは考えない」と答えてくれたりします。また「例えば、車のメーカーが素晴らしい機能を持った車を売ることで人々の生活を良くすることを社会貢献と言わないの?」などと聞いてみるときもあります。

❖公と一般企業の違いって何?

一般企業の場合「お客様の利益を考え追求し、貢献して、その対価として代金を頂く」ことで自らの利益を得ています。公務員の仕事の場合「税金を頂きそのお金で、市民や国民の利益を考え追求し、貢献する」ことで成り立っています。「お客様の利益の追求」「市民の利益の追求」とどちらも社会に貢献しています。一般企業だって社会に貢献しているから存在できているのです。

考えてみてください。市民や国民にとって税金は先払いで、それが自分の利益になっているか見えにくい。お客様にとって一般企業に支払う代金は、満足の結果としてもしくは満足を得る見返りとして支払うのです。つまり、自分が利益を得ると同時、もしくは後の支払いとなります。一般企業の場合は代金と同時に感謝をもらうことも多々ありますが、公務員の場合はほとんどそんなことはありません。もし、税金を支払う時に感謝の気持ちを述べる国民・市民がいたら見て見たいものです。

働く上で考えてみてください「公務員=国民や市民の利益を追求する対価として給料を頂く」「民間企業の職員=お客様の利益を追求する対価として給料を頂く」結局こういうことなのではないでしょうか。

❖いつも言うけど深堀してほしいな!!

公務員と一般企業の社会貢献の仕方は違います。お客様や住民のためにどのように貢献したいのか。それはなぜなのか。そこで働いている人たちのモチベーションは何か。そのモチベーションになぜ自分は共感するのか。それを深く考えると見えるものがあるのではないでしょうか。公の仕事でも一般企業の仕事でも社会貢献で志望動機を作ることは問題ない(一般企業の場合は本業での社会貢献に視点を置く必要はあります)ですが、そこを深堀して自分のものにした志望動機を作ってください。

そのためには実際に話を聞いてみたり、インターンなどで体験してみたり、考え付く色々なことを試してみてください。深堀して考えて何か発見できたときにはじめて、自分の身になるものです。是非、行動して行動して考えて考えてみてください。

naotan2002.wixsite.com